愛犬の長生きのために信頼出来る原材料にこだわったフード

以前に飼っていたキャバリアには、最初に病院からすすめられた
サイエンスダイエットを与えていましたが、尿が不自然に黄色いので
添加物が心配になり、少しランクの高いユーカヌバに変えました。

ユーカヌバは食いつきもよく、体調や毛づやもよかったので
キャバリアがなくなるまで与えていました。

キャバリアがなくなってから黒ラブを飼い始めましたが、皮膚が
弱い子だったのでより安全性の高いドッグフードを探していたところ、
インターネットでドイツのボッシュを知りました。

無農薬有機栽培の野菜や餌に抗生剤、ホルモン剤といった添加物を
使用しないで飼育した肉などを原材料にしたフードです。

食欲旺盛で太りやすい傾向にある子でしたので、ボッシュのハイプレミアムライトドッグフードを与えています。
特に苦労もなく体重管理もできていますし、毛づやもとても良く
目やになどもあまり出ません。

ドライだけだと飽きるので、たまに缶詰のペーストやゆでたささみと
野菜を混ぜてあげたりしています。
栄養のバランスをきちんと考えて作られているドッグフードです。

ドイツからの輸送も保冷コンテナで温度管理をしたり、小分け袋が
一緒に入っていたりして新鮮な状態を維持のための配慮がよくされているので安心です。また、厳しい国際的審査の認証もクリアしているので信頼できるフードです。

現在5歳になりますが、飽きずによく食べていますし長生きして
もらいたいのでこれからもボッシュを続けていきたいと考えています。

療法用のドックフードに変えた理由と質の良さ

我が家の愛犬はSPECIFIC(スペシフィック)のCCD低pHスタート&メンテのドックフードを与えています。

こちらの商品の購入のきっかけになったのは、愛犬の尿検査で
pHの数値が高く出ており薬を飲む時のみ数値が下がり、
薬をやめると数値がすぐ上がるので今まで食べていたドックフードを
辞めて療法用のドックフードにする事がきっかけでした。

こちらのドックフードに変えてから食べるか心配していましたが
心配をよそによく食べてくれてpH数値も通常の数値にさがりました。

このドックフードはリン、マグネシウムを制限して、pH数値を抑えるようにする食事療法食のペッドフードとなっていて、また、ストラルバイトの尿石症の犬にも配慮して作られているので、うちの犬のようなpH数値が高いわんちゃんにはピッタリですね。

ですが、カロリーが高いのか今まで与えた量だと太ってしまったので
医師に相談すると食事回数を朝晩のみにし、量も今より少なくすると
いいとの事でしたので、今は朝晩に量を少な目に与えていますが
太る事も痩せる事なく標準体重です。

そしてやはり療法食だけあって普通の市販のに売られている
ドックフードよりは少しだけお値段が高いと思いますが、この
pHコントロール用の療法食の種類の中ではお安く買えるので
療法食のお値段だけで考えたら安くて質の良いドックフードだと
思います。

ただし、療法食用の為、市販には売っていなく医師の指示の元で
動物病院で販売しています。

アレルゲンフリーのフードで高齢犬も若さを取り戻す

1年くらい前から「ピナクル チキン&オーツ」を食べさせています。

今年で10歳になるおじいちゃんワンコなので、病院でも見かける
メーカーの高齢犬用のドッグフードを食べさせていました。

ところが食欲はあってしっかり食べているのに肉付きが悪くなっていき、
爪も薄くなってきて以前よりも顔や体を痒がるようになったのが
きっかけでオーガニックやアレルゲンフリーのものを探し始めました。

今までもドッグフードは健康管理系のものやアレルギー体質でも
大丈夫なものをずっと食べさせてきましたが、ピナクルにしてから
肉付きもよくなり、爪もしっかりと丈夫に戻りました。

顔や体の痒みはまだときどきありますが、以前ほどひどくありませんし、何より毛ツヤも良くなり見た目も動きも若返ったように見えます。
散歩もボール遊びもしたがり食欲も旺盛なので、老犬には
見えないようで驚かれます。

食べさせはじめてから割と早い段階で変化に気づくことができましたし、価格もお手ごろなのでとても満足しています。

「チキン&オーツ」の他にも「トラウト&スイートポテト」「ダック&ポテト」「サーモン&ポテト」「ターキー&ポテト」の全部で5種類あるので、
体調などによって変えてみようと思います。

気になることはウンチやオシッコのニオイを抑える成分が入った
ドッグフードを食べているワンちゃんより、オシッコはあまり気になりませんでしたが、ウンチが多少臭う気がしますが、それだけ余分なものが使われていないのだと思えました。

太り気味の愛犬に低脂肪のドッグフードを利用

我が家ではチワワ(オス・5歳)を飼っています。
現在使用しているドックフードは、ビタワンのもっちりふっくら低脂肪と、Wソフト低脂肪です。

犬を飼い始めてからしばらくは、どのドックフードがいいのか
あらゆるものを購入して試していたのですが、この2つに
落ち着きました。
毎回この2つを混ぜて与えています。

また、このドックフードは半生です。
それまでは硬いものも選んで与えていたのですが、
どうも硬いものは好ましくないらしく全く食べてくれませんでした。

それからはいろいろと選んで与えていたのですがそのうち、
うちのチワワはビタワンの商品なら硬いものでも少しは
食べることに気づきました。
どうもビタワンの商品が好きなようです。

それからはビタワンの商品を選ぶようになりましたが、とはいえ
硬いドックフードはそんなに食べてはくれないので、困っていました。

それからお店で見ていると、ビタワンでもいろいろな種類のものが
あることに気付きました。
硬いものはすでに試したことがあるけれど、半生の商品は
あげたことがないから、試してみるか。と挑戦してみたところ、
なんと食べてくれました。半生だと食べやすいようです。

それ以降は半生のドックフードを選ぶことに落ち着きました。
2つの商品を与えている理由としては、もっちりふっくらは丸い小粒
なのですが、これだけではお腹が満たされないようですが、
Wソフトはキューブ型のドックフードで噛み応えがあるようなので、
2つを混ぜて与えるようにしています。

低脂肪を選んでいるのは、ただ太り気味だからです。。